タグ:ボランティア ( 8 ) タグの人気記事

布絵

先日知り合いが布絵を作っていると言う事で、見学をさせてもらいました。
幼児向けにアップリケをして作った布絵で子供達を遊ばせたり、イベントに
貸し出しをしたりしているそうです。

わいわいガヤガヤと話しながら、作品つくりが進んでいく。楽しそう。
若いお母さんが多いのかと思ったら、子供達から手が離れた人たちが
多いそうです。
口を動かしながら、手も動かす。
女性ならではです。

昔作ってみたいと思ったことはあったのですが・・・
最近は布絵の作り方の本も多く、キットで販売もされているそうです。
サークルが出来てから15年になるそうですが、今の問題点は、出来上がった作品の置き場所とか。
皆さんの写真はNGでしたので、作品を1点だけUP
b0086765_208082.jpg


以前紹介した絵本グループの中で、友人が作られた布絵本と私達のグループが
作った藤姫の絵本。
b0086765_2174433.jpg

[PR]
by katakuri_k | 2015-04-04 20:08 | 雑記

竹宵2014

3・11鎮魂をテーマに毎年開催をされている「竹宵」。

最近放置竹林が問題になっています。
竹の成長は早く、ほっておくと山地が竹に覆われ、元々植生していた
広葉樹や針葉樹の光合成が妨げられ、結果として森林の減少を招くと
いう問題も起こっており、各地で対策が講じられている。

その為に我孫子でもボランティアグル―プが竹の伐採をしている。
その竹を使って毎年東日本大震災の鎮魂の為、「竹宵」の活動が
催されている。
b0086765_2163128.jpg

竹宵に賛同して、震災の様子を粘土で表現されている方がいる。
15日からアビスタで展示をされるそうです。
b0086765_21111852.jpg

[PR]
by katakuri_k | 2014-03-09 16:15 | 地域

地域活動ーPeace Makers

Peace Makers 活動報告会に参加して

6日(土)に若い人たちが作る、グループの報告会に参加しました。
参加人数は少なかったけれども、実のある報告会でした。
各立場(市・サークル活動など)から貴重な意見の交換が行われ、今後の参考になりました。

会の目的は、若者たちのボランティア活動を通じて、地域社会の未来を作る若者の健全なコミにティを構築し、社会に貢献をすることを目的とする。
そのために、駅前清掃&駅前花壇の整備・高齢者施設などへの訪問活動・イベント企画・運営を行っている。
今は、「夢と社会貢献」について考え、夢に向かって挑戦するというテーマのイベントや、企業・団体の皆さんとともに、柏の街づくりについて考えるイベントや、若者・学生・親子を対象にボランティア体験のイベントなどを提供しています。

昨年私たちのグループである「わいわいクラブ」と、南柏のイオンで子供向けのイベントを一緒にさせていただいた。
行動力と企画力に(何をやりたいかがはっきりしている)を羨ましく思いました。
一つの行動から次のステップを踏んでいます。
私たちのグループは、イオンのイベントに参加はしたものの、次のステップは踏めずにいます。
このような若者たちが育って行ってくれるのは、頼もしいですね。
柏もまんざらではないのかな・・・・・最近地域活動には落ち込むことが多かったので。

b0086765_22182546.jpg

千葉国体のマスコット「チーバくん」を囲んで、記念写真。
[PR]
by katakuri_k | 2010-03-06 21:59 | 地域

親と子のお楽しみ広場

9月19日~23日
南柏にあるイオンにて、親と子のお楽しみ広場を開催。

柏市で活動している3団体(PeaceMakers・麦わら帽子の会・生涯現役ときわ会
わいわいクラブ)で子供たちの為のお遊び広場(お絵かき・バルーンアート・絵本の
読み聞かせ・折り紙・紙とんぼなど)を開催。

PeaceMakers・麦わら帽子の会は普段子供達と接する機会がありますが、わいわい
クラブはシニア対象なのでどのような形になるか? ぶっつけ本番でした。

人数は多いと言うわけではありませんでしたが、まずまずの成功であたっと思います。
他のグループとの連携がとれ、これからの活動に横の広がりができる事を期待して
無事終了しました。

b0086765_1143843.jpg

[PR]
by katakuri_k | 2009-09-26 01:16

あぶあぶあの奇跡 

昨日、映画「あぶあぶあの奇跡」を見に行ってきました。

1982年に神戸に生まれた、ダウン症や自閉症・知的ハンディを持った人たちが、
音楽を通しての出会い・喜び・試練を27年間にわたって記録された映画。

この息の長い活動を支えてくださった方達や、また参加している人たちの真剣さにも
感動を覚えました。

代表の言葉として・・・
「たくさんの人々に大切に大切に育てていただきました。
能力に遅れはあっても、心に遅れはありません。
あなたを愛し、自分を愛せる気持ちを、音楽にたくせるようになりました。
この映画で、世界を変えるほどのしあわせを、おつたえできることと思います。」

是非皆さんにも見ていただきたいと思っています。


b0086765_1226294.jpg

[PR]
by katakuri_k | 2009-02-04 12:27

柏まつり

7月26日~27日 柏まつり

毎年フリーマーケットに参加をしている。
なかなか祭りを見ている時間がないのだけれど、合間に・・・

b0086765_1221769.jpg

[PR]
by katakuri_k | 2008-07-29 12:04 | 地域

絵本ボランティア

「わいわい」の仲間たちと絵本のボランティア

日本の絵本にクメール語に翻訳されたシールを貼り、カンボジアの
子供たちに送る。
1冊の本が何人もの子供たちの手へ。

b0086765_0543612.jpg

[PR]
by katakuri_k | 2008-06-08 00:50

旧山古志村をたずねて

8月11日(土)に旧山古志村支援のための「歌声喫茶」を開催する。
 場所 アミュゼ柏 1Fプラザにて 午後2時より4時まで

山古志支援のための「歌声喫茶」を開催するに当たり、山古志の今の現状を
みてみたい、自分たちが何が出来るかを考えたい、と言う思いで7日8日の
日程ででかけてきました。

道路は大部分が復旧されていた。
山古志の方々も、前向きに新しい生活を始められていた。
山肌はあちらこちらに補強の後が見られ、地震災害の大きさを見せ付けられた。

村全体が村を離れなければいけなくなった地域の問題として、コミニケーション
が壊れてしまったのではないかと思っていましたが、それは私達の考え違いでした。
都会ではみられない地域のコミニケーションがきちんと取られていて、それが災害の
復興や救援にもよい状況を作り出していた。

コミニケーションつくりに私たちが何かお手伝いをというのは、勝手な思い込み、
ある意味で自己満足の範囲を出ていないと感じさせられました。
私たちがお手伝いできるのは、山古志の人たちがこの先自分たちで自立した
生活を送るために、いきすぎた援助ではなく、自立を見守っていくような手助けが
必要なのだと教えられました。

村の方の明るさにホッとし、きてよかったと車中の人になりました。

b0086765_16593187.jpg



b0086765_1722390.jpg

[PR]
by katakuri_k | 2007-06-07 16:34

日々の出来事や、画像の加工と自転車での走行・・・最近は切り絵と織に夢中


by katakuri_k
プロフィールを見る
画像一覧