真壁のひな祭り

古い町並みが残っている真壁は、戦国時代の終わりに真壁城の
城下町として建設され、江戸時代は町の中央に陣屋をおいた。
大阪や奈良、岡崎産の木綿を仕入れ、東北・北関東の商人を集めて
繁栄し、良質な水に恵まれて、酒造業も盛んでした。
明治時代は製糸工場も立ち、石材業も起き、繁栄をしていきました。

真壁を中心とする地域には、104棟の登録文化財を始めとし多くの
伝統的な建物が存在します。

b0086765_22501778.jpg


蔵のまち真壁では、おもてなしの心でひな祭りの時期に各家にある人形や蔵を公開
するようになりました。
和布を使った小物作りも盛んで、見る楽しみも増えました。
b0086765_22582714.jpg

b0086765_2259485.jpg

b0086765_22592157.jpg

[PR]
by katakuri_k | 2012-03-03 22:37 | 雑記

日々の出来事や、画像の加工と自転車での走行・・・最近は切り絵と織に夢中


by katakuri_k
プロフィールを見る
画像一覧